横浜流星の出演ドラマ映画一覧!ldk初恋を詳しくチェック

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」で大ブレークした横浜流星さん。

現在CM出演ラッシュ状態で、3月に発売された写真集「流麗」もすでに4刷という大ヒット中。

横浜流星さんの出演ドラマや映画をチェック!

”ゆりゆりロス”を巻き起こした、ドラマ「初恋」(はじこい)も振り返ってみましょう。

 

 

Sponsored Link

横浜流星の出演ドラマ一覧

2013年4月には、「リアル鬼ごっこ THE ORIGIN」で佐藤洋 役を務めています。

横浜流星さんはこのドラマで役者の道に進もうと決めたそうです。

その後2014年に代表作となったテレビ朝日「烈車戦隊トッキュウジャー」にヒカリ役で出演します。

https://twitter.com/mkkyons/status/528476839228878848

 

2018年3月からdTVで配信されているドラマ「彼氏をローンで買いました」の刹那ジュン役で出演しています。

そして大ブレークとなったのが、2019年1月からの「初めて恋をした日に読む話」の由利匡平役です。「無敵ピンク」という言葉も注目されました。

また、「舌ペロ」「膝ピタ」などたくさんの話題を振りまき、毎週ゆりゆりにキュンキュンさせられた世の女性は多かったでしょう。

Sponsored Link

横浜流星のドラマでの役紹介と見どころ

ドラマ「はじこい」は横浜流星さんが演じる由利匡平が、深田恭子さん演じる晴見順子を巡る恋模様を描いたドラマ。

恋のライバルとして、永山絢斗さん、中村倫也さんらイケメン俳優ぞろいのキャストも話題を呼びました。

 

ピンクの髪が印象的な由利匡平こと「ゆりゆり」はその外見と違い、純粋でまっすぐな思いを晴見順子にぶつけていきます。

世の女性の心をつかむ年下男子役を見事に演じましたが、意外にも胸キュン役を演じるのは初めてだったそう。

監督には何度もダメ出しされて、苦労されたそうです。

回を重ねるごとに胸キュンする!と女性の反響は大きかったようですが、そんな苦労もあったんですね。

 

ゆりゆりがひたすら東大合格のために努力している姿にひかれて、恋のライバルたちがいつの間にか相談に乗ったり応援したりしています。

ゆりゆりの東大に合格したいという思いが、周りの大人たちに行動する勇気の大切さを気づかせてくれ、やがてそれぞれ変わっていくという、清々しさの残るストーリーも見どころです。

Sponsored Link

横浜流星の出演映画一覧

大ブレーク中の横浜流星さんですが、過去にも多くの話題の映画に出演されています。

2016年「オオカミ少女と黒王子」では、主演・山崎賢人さんの親友・日比谷健役で出演。

 

2017年「キセキーあの日のソビトー」に出演。

GReeeeNの楽曲「キセキ」が誕生するまでのストーリーで、GReeeeNメンバーのnavi(ナビ)役を演じています。

また、同じ2017年には「天使のいる図書館」に芦高幸介役として出演しています。

そして2019年には出演映画が次々公開されます。

「愛唄 約束のナクヒト」、「L・DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ」をご紹介します。

Sponsored Link

横浜流星の映画での役紹介と見所

2019年1月に公開された「愛唄 約束のナクヒト」は2017年のヒット作「キセキ あの日のソビト」に続くGReeeeN×映画プロジェクト第2弾。

GReeeeNの名曲「愛唄」をモチーフに作られた作品で、横浜流星さんは主役のトオル役で出演しています。

3月には「L・DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ」が公開。

 

 

 

2014年に剛力彩芽さんと山崎賢人の共演で映画化された「L・DK」。

劇中に登場する“壁ドン”が流行語大賞トップ10に入るなど話題を呼びました。

今作はキャストを一新した続編で、横浜流星さんは杉野遥亮さん演じる久我山柊聖のいとこ・久我山玲苑役をつとめます。

上白石萌音さん演じる西森葵と久我山柊聖は周りには秘密の同居生活をする2人の前に柊聖のいとこ・久我山玲苑が現れます。

玲苑は恋人同士の2人の同居に割り込んでくることに。

イケメン2人との波乱の3人同居がはじまる、というストーリーです。

https://twitter.com/betsufure/status/1114331890725601281

 

公開前に行われたイベントで横浜流星さんは、「4分に1回胸きゅんシーンがこの映画にはありますので、たくさんドキドキしてくれればうれしいです。」と見所をアピール。

2019年は横浜流星さんから目が離せませんね!

横浜流星の空手実力と高校成績学歴がすごい!

2019年4月7日

 

Sponsored Link