横浜開港祭2019の花火の穴場おすすめスポットはどこ?


だんだん熱い日が増えてきて、春の終わりが近づいてきましたね。

春が終われば、夏!

夏と言えば、そうお祭り!花火!ですよね。

お祭りや花火は大体7月や8月のイメージですが、少し早めの6月に花火が楽しめるお祭りをご存知ですか?

 

さて、今回は6月初めに行われる横浜開港祭2019の花火大会(7月の横浜開港祭の花火情報はこちらです)をご紹介します。

花火の穴場おすすめスポットもご紹介するので、是非チェックしてみてくださいね。

7月の横浜スパークリングの花火情報はこちらです!

横浜スパークリング2019の花火の穴場おすすめ混雑避けれるはどこ?

2019年6月23日
Sponsored Link

横浜開港祭の花火の日程と時間

横浜開港祭は、毎年横浜港開港記念である6月2日前後に開催されるイベントです。

現在は、観客動員70万人以上を擁するとても大きなお祭りで、今年は開港160周年にあたります。

 

なんと、横浜市立の小中学校・高校のほとんどが休校日になるそうです。

それくらい横浜市をあげての大切な日なんですね。

今年の横浜開港祭は6月1日(土)2日(日)の2日間にかけて開催される予定です。

その中でも花火が上がるのは、2日(日)の19時20分〜20時00分までの予定です。

花火の数は公表はされていないのですが、毎年およそ6000発程度打ち上げられているようです。

打ち上げ場所は臨海パーク内の特設ステージの後ろから花火が打ち上がります。

間近で迫力のある花火を観賞したいのであれば、是非メインステージで鑑賞してみてください。

ただ、70万人以上が来場するお祭りなので、大混雑は避けられません。

 

さて、ここからは横浜開港祭の花火鑑賞の穴場オススメスポットをご紹介します。

Sponsored Link

横浜開港祭の花火穴場オススメ場所1

野毛山公園

〒220-0032 神奈川県横浜市西区老松町

小高い場所にあるので、見晴らしは最高です。

この辺では、高層ビルを除いては一番高いところなので、花火大会のレーザービームショーは見えませんが、打ち上げ花火はとても良く見えます。

 

アクセスは、JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より徒歩15分。

もしくは、京浜急行線「日ノ出町駅」より徒歩10分です。

 

桜木町駅から野毛山公園までの道のりには、商店街やコンビニがあり、日ノ出町駅を出たところにもスーパーや100円ショップがあるので、食糧や飲み物の調達には困らなさそうですね。

また、公園内には動物園や遊具もあるので、小さいお子さんがいて混雑を避けたい方にはちょうど良いかもしれません。

Sponsored Link

横浜開港祭の花火穴場オススメ場所2

ぷかりさん橋

〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1−1

メイン会場のすぐ近くですが、打ち上げ花火の穴場スポットになっています。

ここは横浜開港祭の会場にもなっているところですが、花火大会直前になると、テントが撤去され、15時から入場できるようになります。

 

朝から入場できる会場付近よりは混雑しないですし、テントが撤去されるまでは場所取りもできないので、みんな同じタイミングでの場所取りになります。

そんなに焦る必要も無く、長時間場所取りに時間を割く必要もないので、良いですよね。

 

アクセスは、JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より徒歩10分、もしくはみなとみらい線「みなとみらい駅」クィーンズスクエア連絡口より徒歩5分です。

ロケーションが抜群で、とってもロマンチックな場所です。

四方を海に囲まれながら見る花火は圧巻ですね。

Sponsored Link

横浜開港祭の花火穴場オススメ場所3

山下公園

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町279

最後は、穴場スポットとしてはお馴染みかもしれませんが、山下公園で見てみてはいかがでしょうか。

 

打ち上げ場所からは離れていますが、山下公園にはベンチもありますし、そのベンチの間隔も広いので、ゆっくりと花火を堪能することができます。

山下埠頭方面へ散歩しながら観賞するのも素敵です。

カップルでの観賞にはオススメの穴場スポットかもしれません。

 

ただ、注意して頂きたいのが、木が邪魔して低い位置の花火が見えにくいこともあります。

やはり、早めに行って良い場所を取っておく必要がありそうですね。

 

アクセスは、JR京浜東北・根岸線「関内駅」より徒歩20分、もしくはみなとみらい線「元町中華街駅」より徒歩3分です。

Sponsored Link

横浜開港祭の花火オススメスポットまとめ

横浜開港祭2019の花火のおすすめ穴場スポットについて紹介しました。今年の横浜開港祭は開港160周年の記念すべきものです。

短い時間の間の数千発の花火は、すごい迫力で圧巻ですよ。

少し早めの花火大会で、是非夏の訪れを感じてみてくださいね。

 

7月の横浜スパークリングの花火情報はこちらです!

横浜スパークリング2019の花火の穴場おすすめ混雑避けれるはどこ?

2019年6月23日
Sponsored Link