日本代表ベトナム戦サッカーVAR判定動画で地獄と天国がすごい

日本代表アジアカップ準決勝でVARで試合が動きました。

吉田選手のコーナーキックと堂安選手のペナルティーエリアでの反則です。

 

いやーアジアカップ初めてのVARの1回目2回目とも日本戦ベトナム戦で起こったなんて見所満載です。

動画を見逃した人のために、まとめてみます!

Sponsored Link

堂安VARでPK獲得

これは明らかに堂安の足を踏んでいましたよ。

VARでしょ!ってみなさん思ったはず。

 

でもなかなか審判レフリーが笛を吹かないものだから、???VARないんだって思ってました。

そんなところに、ワンプレーがされたあとに、笛が吹かれました。

 

レフリーがみみについたイヤホンを抑えてVARの審判と話をしていましたね。

もしかして!と思ったらやっばり、VAR

 

これは正しい判定ですね。

足が踏まれてます。

そして、堂安PKをうまく入れてゴール!

やりましたね

 

Sponsored Link

VARで吉田のハンドでゴール取り消し

堂安の得点の前の前半には、VARにやられました。

 

あれー、日本このままじゃ得点できへんでーー、と思っていたところに、ゴール。

吉田選手が柴崎のコーナーキックをうまくヘッドで合わせて先制!

 

でもでも、そうしたところにVAR判定。なんとハンドだったんですよね。

 

でも、たしかに、何度見ても、吉田は辺土をした後に、自分の手に当たってるんですよね。

これはしょうがない。

 

ばれちゃいましたね。

でも、吉田選手はゴールと言われて、だまって、喜んでました。

Sponsored Link
Sponsored Link

VARからみた吉田のずると堂安の誠実さ

堂安は倒された時は、PKを主張していましたが、すぐやめました。

でも、結果はきちんとPKをもらい、そして得点。

それに比べて、吉田は自分がハンドとわかっていながら、得点を告げられた時、日本ベンチに行って喜んでいました。

自分ではちょっと後ろめたい気持ちがあったはず。

 

そのあと、どうも、きまりが悪そうでしたね。

ほら、集中集中っていいながら行っていた姿が、そのままテレビに流れていました。

ちょっと、間抜けな感じでした^^

 

サッカーの世界で、マラドーナのゴッドハンドに象徴されるように、審判の目の判断だけだったのが、今やVAR。

もう誤魔化せなくなりましたね。

 

でも、なっとくのサッカーです。僕は好きです^^

みなさんはどうですか?

 

Sponsored Link