東海道新幹線車内の乗客様子大混乱パニック!現場の様子(小島容疑者殺傷事件)

こんにちは!

悲しくて驚愕の事件が東海道新幹線の車内でありました。

2018年6月9日土曜日です。

事件が起きたのはのぞみ265号。

新幹線車内は壮絶だったもよう。

車内の様子をまとめます。

Sponsored Link

殺傷事件が起きた新幹線の動き

新横浜駅を出発してすぐの午後9時47分ごろ、車内の非常ブザーが押されました。

神奈川県綾瀬市落合南付近で緊急停車。

その後、小田原駅に移動しました。

この列車は新大阪に向かう最終列車で、約880人が乗車していました。

午前0時50分過ぎに小田原駅を離れ、三島駅で乗客は違う新幹線に乗り換えて発車しました。

現場は12号車です。

逮捕された時犯人は11両目にいたとか。

警察は新幹線の12号車の乗客を11号車と13号車に移動させ、12号車を調べていました。

Sponsored Link

殺傷事件の詳しい状況

乗客による新幹線内部の状況は以下です。

新横浜出発し、10分もたたないうちに悲鳴きこえてきました。

雪崩みたいに人がきて、でも逃げ場がなかった。

私はしゃがみこむしかできなかった。

小田原ついて新幹線がとまったけれども、犯人出るまで生きた心地しなかった。

涙が止まんない。

精神不安定です。

情けない。

こわい。

もう犯人いないけど。

逃げ場のない密室がこわい。

まだ通路には生々しい血痕があります。

別の乗客14号車に乗っていたという49歳の男性の説明

別の乗客14号車に乗っていたという49歳の説明も載せておきます。

新横浜駅を出て5分ほどして別の車両から悲鳴が聞こえました。

そしたら、首の辺りから血を流した女性が泣きながら14号車に走り込んできました。

14号車にも逃げてきたようですね。

そのほかに逃げてきた乗客の中にも服に血が付いた数名。

みんなパニック状態で、泣き出す人声もたくさんいました。

Sponsored Link

混乱時の車内のアナウンス

車内のアナウンスは以下のようだったようです。

車内アナウンス「車内落ち着いて行動してくださーい!」
車内アナウンス「後部車掌さん大至急12号車に向かってくださーい!!」
車内アナウンス「業務連絡、13号車異常物扱いです」

犯人は確保されております。只今から現場検証などの作業がございますので、もとの車両には戻らないようにお願いします。犯人は確保されております、ご安心ください。

失礼いたしますー、怪我とかされているお客様、いらっしゃらないでしょうか

皆様、ご迷惑をおかけしております。現在も警察官、消防による現場検証が行われております。そのため社内には立ち入れません。

自由席指定席グリーン席問いませんのでお近くの空いている席におすわりになってお待ちください。

Sponsored Link

車内の画像

車内では逃げ惑う人が必死の思いで12号車から後ろの号車に逃げてきました。

命が狙われるという危機に迫り、ハイヒールや荷物がぐちゃぐちゃになりながらも移動したようです。

怪我をした人も何人かいるようで、車内の通路には血痕が残されています。

動画はこちらです。

犯人逮捕と人物画像

最後に犯人がつかまった際の様子や小島容疑者の人物像について記載します。

容疑者自閉症があったようです。

実家の両親とトラブルがあり、2016年4月ごろから同県岡崎市の伯父方で暮らすしていました。

小島一朗容疑者(22)の祖母によると、小島容疑者は市内の病院の精神科に一時入院していたようです。

「自由に生きたい。それが許されないなら死にたい」と話していました。

小島容疑者は職業訓練校を経て埼玉県内の会社に就職したが、約1年後に「人間関係が合わない」と言って退職しています。

小島はおとなしい、静かな性格だったようです。

時折、「もう生きていても意味がない、死んでやる」という趣旨のことは言っていたようです。

Sponsored Link