モンテ・クリスト伯生き埋めを逃れ電話ボックスに置かれた稲盛いずみの赤ちゃんはマネージャー女性か

こんにちは!

第3話でモンテ・クリスト新海の復讐劇が始まりました。

神楽ルミ(稲森いずみ)と入間公平(高橋克典)がマリア様の前に生き埋めした赤ちゃんの行方が気になりました!

どうも辻褄があうのが、第3話の最後のほうでバイクで、モンテ・クリスト伯ディーンフジオカの元におとづれた女性です。

その女性は、そう、南條幸雄(大蔵忠義)と南條すみれ(山本美月)の元のマネージャであり、モンテクリスト新海(ディーンフジオカ)とグルの女性、江田愛理(桜井ユキ)。

Sponsored Link

稲森いずみと高橋克典の赤ちゃんのドラマでの振り返り

まず、復讐として、モンテクリスト第3話での赤ちゃんについて振り返ってみましょう。

赤ちゃんは、22年前に捨てられた。

親は稲森いずみと高橋克典。

以前住んでいた豪邸、今はモンテクリスト新海の別荘、の庭のマリア様の前にダンボールに入れられて、生きた状態で埋められた。

なぜ、埋めたのかはわかりません。稲森いずみが精神的に患っていて、あかちゃんを殺めてしまったのかもしれません。

その事実を隠すために、高橋克典が、埋めてしまったのかもです。

しかしながら、モンテクリスト新海の現在の男性マネージャー土屋に助けられます。

どこかの電話ボックスにおいて、せめて誰かにひろってもらうようにしました。

第3話でわかっていることは以上です。

Sponsored Link

赤ちゃんはモンテクリスト真海(ディーンフジオカ)とグルの女性、江田愛理(桜井ユキ)ではないかと思う根拠

赤ちゃんはモンテクリスト真海(ディーンフジオカ)とグルの女性、江田愛理(桜井ユキ)ではないかと思う根拠をあげて見ましょう。

まず、ディーンフジオカの復讐劇に味方をしている点です。

まずこのような周到な復讐に加わってくれる人はそういませんよね。

プロの殺し屋だったらいるのでしょうが、ドラマでディーンフジオカモンテクリスト新海に詰め寄ることはしません。

そうとうな恨みを持っているはずです。

自分が昔捨てられ、殺されそうになったのだと、ディーンフジオカに知らされたのだとしたら、辻褄があいますね。

次に、年齢です。

生き埋め事件が起こったのが、22年前です。

よって、現在22歳ぐらいですね。

桜井ユキさんは31歳ですが、22歳といわれてもそう違和感はないくらい若くみえます。

モンテクリスト真海(ディーンフジオカ)と江田愛理(桜井ユキ)がつながっている過去に気になるが回収される

ドラマではどういう関係でモンテクリスト真海と江田愛理がつながっていたのか気になりましたよね。

上で予想を書いたように、赤ちゃんがもし、江田愛理だったら、回収できます。

そうでなかったら、幸田愛理とモンテクリスト伯の関係に別のストーリーをもたせないといけませんし、赤ちゃんも後ほど出てくる必要があります。

モンテ・クリスト伯の第3話ではついていくのがちょっと難しいほどの展開を見せるので、その路線も確かにあります。

さて、このようにして原作を見ずにいろいろと推察できるのが、このモンテクリスト伯モンクリの醍醐味ですね。

また、このようなことをみなさんと一緒に考えたいと思います。

また、このブログをブックマークしたり、リツイートしたりして、遊びにきてくださいねーーー。

モンテクリスト伯の楽しむ仲間として!では!

という予想をしましたが、、、、

こういうことだと思います。上に書いたことは訂正します!

モンテクリスト伯マネージャーの江田愛梨桜井ユキの正体は誰?両親を南条幸雄に殺害された娘

Sponsored Link