マクドナルドでダブルチーズバーガーにはプレーンで注文!肉のうまさが引き立つ裏技in良かれと思って

こんにちは!

2月21日放送の、良かれと思って!で

マクドナルドでダブルチーズバーガーの美味しい注文の仕方が紹介されました。

裏技を紹介したのはクック井上さん。

プレーンで注文するのがめちゃめちゃおすすめとのことですので、まとめてみたいと思います。

Sponsored Link

マックでダブルチーズバーガーを注文するときはプレーンで!

マックは日本全国あるお店でファーストフードとしてはやっぱり使いますよね。

このマックでなんと、美味しく食べる裏技があったのです。

それは、プレーンでお願いします!と伝える注文です。

プレーンで注文するとどうなるかというと、

普通の注文では中に使われている、玉ねぎだったり、ケチャップだったり、ピクルスだったりするものが

無しでハンバーガーを作ってくれます。

チーズ、ビーフパティ(肉)、チーズ、ビーフパティ(肉)の

ダブルチーズバーガーになります。

え!?と思うかもしれませんが、これがめちゃめちゃ美味しいのです。

塩と肉のうまさが純粋に楽しめてめちゃくちゃおいしい

Sponsored Link

プレーンが美味しい理由は肉とチーズの素材の味が楽しめるから

 

なぜ、ケチャップやピクルスがなくなると美味しいのでしょうか?

もちろん、ケチャップが入ることでまずくなっているわけではありません。

マクドナルドではみなさん過去にたくさん食べていてかなり自分の舌がこんな味なんだと覚えていると思います。

また、普段からたくさんの味がついたものになれています。

そこに、純粋な素材の味だけを食べてみるとどうなるでしょうか?

そうです。本当にその素材の味を感じることができます。

マクドナルドの肉(パティといいます)は、100%お肉で作られています。

つまり繋ぎが入っていません。純粋に塩だけでつなぎを作っているそうです。

マクドナルドは長い歴史の中で、過去の反省で、お肉はいい味のものを使っています。

なので、それらの純粋な味で勝負しても十分美味しいのです。

ケチャップやピクルスでごまかされていたものがなくなって、肉のうまさがぐいっときて美味しくなるのです。

プレーンって注文の時に恥ずかしい?プレーンの意味は簡素、そのまま。ついでに英語を学んじゃおう!

プレーンで試してみたいなと思って、いざ言おうとしたら、ちょっと恥ずかしいあなたへアドバイスをします。

まず、プレーンの意味を知っておきましょう。

プレーンとは、英語でPlain。

簡素で、そのままで、何もしないでという意味があります。

次に、余計な注文と思って緊張する人へアドバイスします。

プレーンにすることで、実はお店もメリットがあるんです。

作る手間が減るんですよ。

だから、何も遠慮することしなくていいんです。

逆に、ケチャップやタマネギやピクルスを抜くのでありがたれるんです。

マックで働いている人から教えてもらった裏ざわです。

この記事をシェアして、ぜひ今日か明日にでも、友達とマクドナルド行って、プレーンの注文をして見てくださいね!

Sponsored Link