かき氷の日由来や理由を知ろう!7月25日にふわふわおすすめマシン

7月25日は、かき氷の日って知っていますか?

知っている人も知らない人も、その由来をチェックして見ましょう。

 

連日35度を超えました、熊谷では、、、多治見では、、、、名古屋では、、、、と

暑いニュースばかりですね。

Sponsored Link

7月25日はかき氷の日

ちょうど2018年7月25日の連日の猛暑日で、北海道・沖縄を除いて、暑すぎる!

そんな時に、かき氷を食べて、熱中症対策に子供からお年寄りまで、手軽に楽しめるので、みんなで食べましょう。

 

でも、どこからかき氷の日なんて来たのでしょうか?

由来をチェックしましょう。

 

かき氷の日を制定したのは、日本かき氷協会です。

かき氷の別名の夏氷 「なつごおり」の語呂合わせから作ったんです。

なるほど、かき氷は、昔夏氷って言われていたんですね。

 

な(7)つ(2)ごおり(5)で7月25日。

 

ということで、わかりましたね!

Sponsored Link

かき氷の日の由来や理由はもうひとつ

もうひとつ実はあるんです。

 

1933年7月25日は、山形市で起きた記録があります。

それは、当時の最高気温だった40.8度を記録しました。

 

今年の夏は普通に記録している気温ですが、当時はびっくりの気温でした。

その時は、フェーン現象といった、湿った空気がやまを 超えて、乾いた暖かい風となって吹き降ろす現象が起こり、

東北の山形でものすごく熱くなったんです。

 

で、その日が7月25日でやっぱり、これは記録しておかないといけない日で、夏で一番暑い日だということが、みなさんに刻まれました。

 

どおりで、最近暑いわけだ。。。。。ニュースをつけると、暑い暑いばっかりで、弱りすぎている私。。。。

 

みなさんはどうですか?

最後に猛暑日などの区別をお勉強のために

35度をこえたら、天気予報のマークがえらくまっかかになっていますよね。

 

これは、猛暑日のサインです。

猛暑日は35度を超える日です。

 

同じように、真夏日だから気をつけて!っていうニュースが初夏で聞かれたと思います。

これは、30度を超えた時です。

 

そして、夏日というのは、25度を超えた日です。

夏日と聞くと、これだけでとってもあつくかんじるのですが、夏日は25度かって、今35度を超える日が連日続いている身からすると、なんてことはないと感じちゃいますが。。。。

 

少し賢くなりましたね。

今は猛暑日で、かき氷の日です。

Sponsored Link

おすすめかき氷マシン

最後に、おすすめのかき氷マシンを紹介しますね。

ふわふわな氷ができちゃいます。

すごいです。

口の中に入れたら、簡単に溶けて、もう病みつきになります。

小さなお子さんも気に入りますね。

私はかっちゃいました!

Sponsored Link