いたばし花火大会2019の穴場おすすめスポットはどこ?

令和最初となる今年の夏。そして夏の風物詩と言えば、花火大会!

板橋の混雑を避けて見たい穴場スポット場所が気になります。

 

そこで、東京最大の大玉「尺五寸玉」を打ち上げるいたばし花火大会について紹介したいと思います!

この記事を読んで、いたばし花火大会の魅力を知りぜひ楽しんでください♪

いたばし花火大会をゆっくりと花火鑑賞できる穴場スポットをまとめました。

Sponsored Link

いたばし花火大会2019の日程と時間

みなさんは、もうどこの花火大会に行くか決まりましたか?

たくさんありすぎて、迷ってしまっている方もいるのではないでしょうか。いたばしの花火大会はおすすめです!

 

今年のいたばし花火大会は、2019年8月3日(土)に開催されます。
*雨天の場合などは、翌日の8月4日(日)に順延になります。翌日も雨天の場合には中止。

打ち上げ時間は、19:00〜20:30の間です。

いたばし花火大会情報

荒川を挟んで両岸の東京都板橋区と埼玉県戸田市で、2つの花火大会を同時開催します。

両岸合わせて、約12000万発もの花火が打ち上げられます。

 

東京都板橋区側で開催されるいたばし花火大会は、都内最大の大玉「尺五寸玉」を打ち上げます。

関東でも最長クラスを誇る総延長700mの”大ナイアガラの滝”はいたばし花火大会の見どころだけあって、圧巻の迫力です!

 

また、日本最高峰の花火職人10人による競演もあり、約6000発の花火が東京の夜空を彩ります!さらに、視界いっぱいに広がるワイドスターマインでフィナーレを飾ります!都内でも有数の人気を誇る花火大会のため、毎年50万人以上の人が訪れます!

ほかでは味わうことができない、とても豪華な花火大会です!

  • 場所 東京都板橋区 荒川河川敷
  • アクセス
    【電車】JR埼京線浮間舟渡駅、地下鉄高島平駅・西台駅・薄根駅から徒歩20分。
    【車】会場周辺の交通規制あり。(17:00〜22:00、会場周辺で車両進入禁止。マイカーでの来場不可。)
  • トイレ 約300基

 

Sponsored Link

いたばし花火大会2019の穴場オススメ場所1

初めに紹介するのは、浮間公園です。
〒174-0041
東京都板橋区舟渡2-14

打ち上げ場所からは少し離れてしまいますが、埼京線の浮間舟渡駅から徒歩で約10分とアクセスに便利です。

 

場所取りをしている人もいますが、それほど混雑はしていないのでゆっくりと花火を楽しむことができます

混雑を避けて花火を見たいという方にオススメです♪

トイレもあるので、家族れの方やお年寄りの方にも最適の場所だと思います。

Sponsored Link

いたばし花火大会2019の穴場オススメ場所2

続いて紹介するのは、笹目橋です。
埼玉県戸田市早瀬1丁目24-20付近

この場所は、西高島平駅から徒歩15分のところにあります。

 

橋の上なので”レジャーシートを敷いてゆっくりと鑑賞”とはいきませんが、周りに遮る建物などがないため、花火は綺麗に見ることができます♪

人が少なく、比較的混雑しないスポットです。

食事をしながら、花火鑑賞をしたい方は、事前に食料を調達することをオススメします!

Sponsored Link

いたばし花火大会2019の穴場オススメ場所3

続いて紹介するのは、イオンスタイル板橋前野町屋上です。
〒174-0063
東京都板橋区前野町4-21-22

この場所は、地元民だけが知っているので混雑はほとんどしない穴場です!

ただ、公式のスポットではないので事前に開放しているのか確認は必要です。

スーパーなので、食べ物や飲み物の調達、トイレの心配がないのは、嬉しいポイントですね!

また、駐車場が多く完備されているので、車で行こうかなと考えている方にはオススメです。

Sponsored Link

いたばし花火大会2019のまとめ

都内最大規模の尺玉や総延長700mの大ナイアガラの滝など見所が満載のいたばし花火大会。

そのため、訪れる人数もとてもすごいです!

少し場所を変えれば、混雑を避けることができますので、今回紹介した穴場を参考してくださいね!

ここでしか味わえない迫力満点の贅沢ないたばし花火大会2019を楽しんでください♪

Sponsored Link